モルディブ サファリアイランド旅行記 水中編

■ シュノーケリング

今回は去年のマーフシヴァルとは違って、ほぼ晴れでまさにシュノーケリングにぴったりのお天気でした。でもでも、2年前にすごーく綺麗だった浅瀬のサンゴがなんとなんと色が抜けてしまってがらのような感じになってました。これはもしかすると(汗)と思いつつもとりあえずドロップオフへと進みます。えーん、でもやっぱりだめだった。サンゴは全滅でした。かろうじてテーブルサンゴとか枝サンゴの形は保っているのですが、色が無い。本来なら紫とかピンクとかのはずが薄茶色とかグレーな感じ。それでもとりあえずは水上コテージの先端まで行ってみましたが、やっぱりだめでした。浅瀬も含めて色が無い。何だかどーっと疲れが出てしまいました。せっかくいいお天気なのに。
やっぱりアリ環礁はもうだめなんでしょうか。どなたか元気なサンゴのリゾートがあれば情報お待ちしてます!


02safari_20 02safari_21

02safari_22 02safari_23

ちなみに2016年のサファリのハウスリーフはこんな感じでした。

■ ハウスリーフのかめさん

もうサンゴがだめならカメさんしかない。ということで、滞在中はカメさんに出会うことを祈りながらシュノーケリングしてました。前半はなかなか遭遇できなかったのですが、後半になると結構遭遇率が高かったです。水上コテージの前あたりのドロップオフで出会う事が多かったです。

02safari_26 02safari_27
右側の写真は、カメさんがずーっとサンゴをごとごとやってました。かじってる感じでも無くて、動かしてるような感じ?

02safari_31 02safari_32
慣れているのか、しばらく逃げずにいてくれました。

02safari_33

■ 長〜いサメが・・・

サンゴはダメだったのですが、お魚さんたちは2年前と同様元気に泳いでました。気のせいかもしれないですが、ブダイさんとかサメさんとかが、ちょっと成長したような気がします。写真に撮ってないのでお見せできないのが残念なのですが、ブダイなのにちょっとドキっとするくらい大きなブダイがいました。
それからレストラン付近で、身長くらいの長さのサメを見てしまいました。それ以来レストラン付近では一切シュノーケリングしませんでした。よく見かけるベビーシャークが成長しすぎた感じでしたが、大きかったのでやっぱり怖い!

02safari_25 02safari_28

02safari_24 02safari_29
レストラン付近で見かけたサメは左側の写真のさめよりももっとずーっと大きかったです。

■ シュノーケリング中の不思議な出来事 その1

一人で水上コテージの前あたりのドロップオフをシュノーケリングしてたときのことです。少し潮の流れがきつくて他にシュノーケリングしてる人たちもいない感じで、私一人でした。いつものようにドロップオフに沿ってやってたんですが、急に「ドン!」という小さな音がして、足に何かが触れた感触がありました。もしかすると誰かにぶつかってしまったかなと思って、立ち泳ぎして辺りを見回したのですが誰もいませんでした。えー、どうしてどうして、あの音は一体何、何が足に触れたの??? 私一人だし主人はいないし、ちょっと怖くなって戻ろうかと思ったのですがちょうど水上コテージの真ん中あたりだったのでどちらの方向に戻っても同じ。結局水上コテージの先端まで行って、ジェッティから上陸しました。主人にそのことを話したのですが、魚がぶつかるわけないし気のせいじゃないのって言われて終わってしまいました。今でも謎です。

■ シュノーケリング中の不思議な出来事 その2

それでも懲りずに、また一人でシュノーケリング。今度は逆方向(レストラン方向)へ向かっていって、レストランまで行くとすごーく大きなサメさんがいるので、途中で引き返します。その引き返す途中に、真正面からすごく大きなブダイさんがこちらにやってきます。おー、このままではぶつかってしまうと思うようなくらい水面を泳いでる感じでした。でも潮の流れに逆らって泳いでいたので、なかなかとうまく方向をコントロールできませんでした。そうこうしてるうちにブダイさんは多分私のお腹の下をくぐっていった?のだと思うのですが、見えなくなりました。それと同時にまた「ゴン!」という音、そして足に何かがぶつかった感触がありました。
今度は立ち泳ぎではなくてそのまま何とか体を一回転して水中を見回したのですが、問題のブダイさんはいませんでした。立ち泳ぎで見ても私の他にシュノーケリングしてる人はいませんでした。一体なんだったんだろう。ブダイがぶつかったんだろうか。やっぱり謎です。
今までコバンザメが太ももに張り付くことはあっても、魚さんが体にぶつかる経験は一度も無かったのでどうも釈然としません。そういうことって普通にあることなんでしょうか。

■ 回復に期待

サンゴがだめになるということは、きっといつかまた回復するということだと思います。
ということで微力ですが、今回もお部屋のゴミ(生ゴミ以外)はスーツケースに入れてお持ち帰えりしました。早く回復しますように。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>